News 新着情報

セブロックダウン情報7月まとめ

新型コロナウィルス関連

07/10/2020 | 投稿者:

フィリピンセブ島、7月度のロックダウン情報まとめです。

7月2日(木)

ドゥテルテ大統領、各都市の検疫レベルを発表

2020年6月30日、昨夜ロドリゴドゥテルテ大統領によって発表された国内の地域の検疫ステータスを更新。
7月2日現在、フィリピン各主要都市の検疫レベルは上記のとおりです。

 ソース:SunStar Cebu

2020年6月30日、昨夜ロドリゴドゥテルテ大統領によって発表された国内の地域の検疫ステータスを更新。
7月2日現在、フィリピン各主要都市の検疫レベルは上記のとおりです。

ソース:SunStar Cebu

7月3日(金)

セブ・マクタン空港到着時の空港での手順が発表されました

マクタンセブ国際空港(MCIA)は、到着する乗客のための段階的なプロトコルをリリースしました。 

出発地でのチェックインの際、マクタンセブ国際空港を介してセブに旅行するすべての国際線の乗客は、該当する場合、婚姻または結婚を証明する有効なパスポートと有効なビザを提示する必要があります。

 到着したら、検疫局(BOQ)によるサーマルスキャンに進み、以下の記入済みフォームを提出する必要があります。

・健康申告フォーム、患者プロファイルシート2枚
・乗客引き受けフォーム
・Covid-19のケース調査フォーム
・研究所 リクエストフォームおよびOFWの場合はOwwaプロジェクトケースフォーム。

 入国審査の許可を得て、到着回収ホールの次のカウンターに進みます。
 ( OFW以外のフィリピン人と外国人のレジのカウンターはフィリピンペソとVisaカードを受け付けています。
他の通貨については、到着エリアの外国為替カウンターに進んでください) 
その他は、他の観光省、内務省、 地方自治体、保健省のカウンターなど。

 この後、スワブテストの待機エリアに進み、記入済みのラボリクエストフォームを送信して、PCRスワブテストを受ける必要があります。

 スワブテストが完了すると、オレンジ色のバンド/ステッカーが右手首に装着され、スワブテストが完了したことを示します。

 OFW以外のフィリピン人と外国人は、綿棒のテストとホテルの宿泊費を負担する必要があります。

 フィリピン人と外国人のRT-PCRスワブテストの費用は、P4,900、OFWの場合P4,400です。

 テスト後、割り当てられたベルトで荷物を受け取り、待合室に進むことができます。

 彼らは通関のためにそれぞれの機関からの代表を待つ必要があります
(OFWのためのOwwaと非OFWフィリピン人と外国人のための認定されたホテル連絡係。)

 ホテルへのドロップオフのためにそれぞれの代理店の代表者と一緒に指定された車両に進みます。

 次に、BOQからの綿棒テスト結果の電子メールが24〜48時間後にリリースされるのを待ちます。

 PCR検査の結果が陰性の場合、地方自治体がセブの自宅に乗客を連れてくるか、自家用車で帰宅することが許可される場合があります。

 乗客がセブに拠点を置いていない場合、次の目的地までへのフライトに乗ることができます。

 PCRテスト結果が陽性の場合、乗客はDOHおよびBOQの必須の健康、安全、および治療プロトコルに準拠する必要があります。

 ソース:Sunstar Cebu

マクタンセブ国際空港(MCIA)は、到着する乗客のための段階的なプロトコルをリリースしました。

出発地でのチェックインの際、マクタンセブ国際空港を介してセブに旅行するすべての国際線の乗客は、該当する場合、婚姻または結婚を証明する有効なパスポートと有効なビザを提示する必要があります。

到着したら、検疫局(BOQ)によるサーマルスキャンに進み、以下の記入済みフォームを提出する必要があります。

・健康申告フォーム、患者プロファイルシート2枚
・乗客引き受けフォーム
・Covid-19のケース調査フォーム
・研究所 リクエストフォームおよびOFWの場合はOwwaプロジェクトケースフォーム。

入国審査の許可を得て、到着回収ホールの次のカウンターに進みます。
( OFW以外のフィリピン人と外国人のレジのカウンターはフィリピンペソとVisaカードを受け付けています。
他の通貨については、到着エリアの外国為替カウンターに進んでください) 
その他は、他の観光省、内務省、 地方自治体、保健省のカウンターなど。

この後、スワブテストの待機エリアに進み、記入済みのラボリクエストフォームを送信して、PCRスワブテストを受ける必要があります。

スワブテストが完了すると、オレンジ色のバンド/ステッカーが右手首に装着され、スワブテストが完了したことを示します。

OFW以外のフィリピン人と外国人は、綿棒のテストとホテルの宿泊費を負担する必要があります。

フィリピン人と外国人のRT-PCRスワブテストの費用は、P4,900、OFWの場合P4,400です。

テスト後、割り当てられたベルトで荷物を受け取り、待合室に進むことができます。

彼らは通関のためにそれぞれの機関からの代表を待つ必要があります
(OFWのためのOwwaと非OFWフィリピン人と外国人のための認定されたホテル連絡係。)

ホテルへのドロップオフのためにそれぞれの代理店の代表者と一緒に指定された車両に進みます。

次に、BOQからの綿棒テスト結果の電子メールが24〜48時間後にリリースされるのを待ちます。

PCR検査の結果が陰性の場合、地方自治体がセブの自宅に乗客を連れてくるか、自家用車で帰宅することが許可される場合があります。

乗客がセブに拠点を置いていない場合、次の目的地までへのフライトに乗ることができます。

PCRテスト結果が陽性の場合、乗客はDOHおよびBOQの必須の健康、安全、および治療プロトコルに準拠する必要があります。

ソース:Sunstar Cebu

7月8日(水)

ロイ・チマツ氏7月16日~セブ市GCQ移行に楽観的

セブ市コロナ対策のために任命された、環境・天然資材省長官のロイ・チマツ氏は、7月16日以降のセブ市GCQ格下げに楽観的で、16日以降はGCQへ戻るのではないかと発言しました。
しかし特定の地域、特に感染者が多い上位20バランガイでは、依然として封鎖が続くと述べました。

ソース:SunStar Cebu

セブ市コロナ対策のために任命された、環境・天然資材省長官のロイ・チマツ氏は、7月16日以降のセブ市GCQ格下げに楽観的で、16日以降はGCQへ戻るのではないかと発言しました。
しかし特定の地域、特に感染者が多い上位20バランガイでは、依然として封鎖が続くと述べました。

ソース:SunStar Cebu

7月15日(水)

7月16日~セブ市MECQへ緩和

機関間タスクフォース(IATF)は、セブ市の検疫ステータスを2020年7月16日から31日までECQからMECQに格下げを行いました。
ロドリゴドゥテルテ大統領は、2020年7月15日水曜日の夜にIATF勧告を承認しました。

 ソース:SunStar Cebu

機関間タスクフォース(IATF)は、セブ市の検疫ステータスを2020年7月16日から31日までECQからMECQに格下げを行いました。
ロドリゴドゥテルテ大統領は、2020年7月15日水曜日の夜にIATF勧告を承認しました。

ソース:SunStar Cebu

7月21日(火)

インバウンドおよびアウトバウンドの旅行制限に関するイミグレーションからの最新情報

インバウンドおよびアウトバウンドの旅行制限に関するイミグレーションからの最新情報です。

8月1日以降、フィリピンへ入国出来る外国人は以下のビザを持っている外国人です。

・13A(結婚仮永住ビザ)
・13B(結婚永住ビザ)
・13C(両親がフィリピンのビザを取得した後に生まれた子どものビザ)
・13D(外国人配偶者と結婚しフィリピン国籍を失った女性、また21歳未満で未婚の子どものビザ)
・13E(クォータビザ)
・13G(フィリピンに永住を望んでいる外国で生まれたフィリピン人とその扶養家族のビザ)
・RA 7919ビザ
・EO 324ビザ
・Native-bornビザ(フィリピンで生まれた人のビザ)

入国に必要な書類や、手続きについての詳細は以下のリンクを確認下さい。
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1751978374940862&id=133424753462907

 ソース:Bureau of Immigration

インバウンドおよびアウトバウンドの旅行制限に関するイミグレーションからの最新情報です。

8月1日以降、フィリピンへ入国出来る外国人は以下のビザを持っている外国人です。

・13A(結婚仮永住ビザ)
・13B(結婚永住ビザ)
・13C(両親がフィリピンのビザを取得した後に生まれた子どものビザ)
・13D(外国人配偶者と結婚しフィリピン国籍を失った女性、また21歳未満で未婚の子どものビザ)
・13E(クォータビザ)
・13G(フィリピンに永住を望んでいる外国で生まれたフィリピン人とその扶養家族のビザ)
・RA 7919ビザ
・EO 324ビザ
・Native-bornビザ(フィリピンで生まれた人のビザ)

入国に必要な書類や、手続きについての詳細は以下のリンクを確認下さい。
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1751978374940862&id=133424753462907

ソース:Bureau of Immigration

7月25日(土)

国際線旅客のための到着プロトコル

マクタンセブ国際空港は、到着する全ての外国人の乗客に旅行書類を確保しMCIAに到着する際に必須の到着プロトコルに従うように通知します。

 1.乗客がマクタン空港に到着予定日、出発の5日前までに、MCIA Webサイトを介してオンライン登録する。
※ こちらのリンク経由で登録:https://mactancebuairport.com/covid-19-registration

 2. MCIA到着時に必ず綿棒テストを受けます。
 テスト結果の所要時間は24〜48時間以内です。

 3. OFW以外のフィリピン人および外国人の場合は、COVIDテストの結果を待っている間にホテルの宿泊施設を出発前に確保する必要があります。
OFWの宿泊施設はOWWAが手配します。 認定された検疫ホテルのリストについては、次のリンクでご確認下さい。https://mactancebuairport.com/pdf/List-of-Transiting-Hotels.pdf

マクタンセブ国際空港は、到着する全ての外国人の乗客に旅行書類を確保しMCIAに到着する際に必須の到着プロトコルに従うように通知します。

1.乗客がマクタン空港に到着予定日、出発の5日前までに、MCIA Webサイトを介してオンライン登録する。
※ こちらのリンク経由で登録:https://mactancebuairport.com/covid-19-registration

2. MCIA到着時に必ず綿棒テストを受けます。
テスト結果の所要時間は24〜48時間以内です。

3. OFW以外のフィリピン人および外国人の場合は、COVIDテストの結果を待っている間にホテルの宿泊施設を出発前に確保する必要があります。
OFWの宿泊施設はOWWAが手配します。 認定された検疫ホテルのリストについては、次のリンクでご確認下さい。https://mactancebuairport.com/pdf/List-of-Transiting-Hotels.pdf

7月31日(金)

ドゥテルテ大統領、8月1日からの検疫分類を発表

ロドリゴドゥテルテ大統領は、2020年7月31日セブ市の新しいコミュニティ検疫分類を発表しました。  
2020年8月1日以降、セブ市は一般コミュニティ検疫(GCQ)の下に置かれます。

8月1日〜
◆GCQのエリア
セブシティ
マンダウエシティ
ラプラプシティ
ミングラネリア
タリサイシティ(セブ州)
コンソラシオン
マニラ
ラグナ
リサール
ブラカン
バタンガス
カビテ
サンボアンガシティ

その他の地域は、修正された一般コミュニティ検疫(MGCQ)の下に置かれます。

ソース:SunStar Cebu

ロドリゴドゥテルテ大統領は、2020年7月31日セブ市の新しいコミュニティ検疫分類を発表しました。
2020年8月1日以降、セブ市は一般コミュニティ検疫(GCQ)の下に置かれます。

8月1日〜
◆GCQのエリア
セブシティ
マンダウエシティ
ラプラプシティ
ミングラネリア
タリサイシティ(セブ州)
コンソラシオン
マニラ
ラグナ
リサール
ブラカン
バタンガス
カビテ
サンボアンガシティ

その他の地域は、修正された一般コミュニティ検疫(MGCQ)の下に置かれます。

ソース:SunStar Cebu

一覧へ戻る